読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッチユーザーの不定期日記

アニメ、マンガ、ゲーム等、オタクな話題を不定期更新

VR狂想曲(PSVRの予約に踊らされる)

9月24日、PSVRの第3弾にして最後の予約タイミングとなった。

 

かつて、近未来でVRヘッドセットを付けたオンラインRPG世界で起こる事件を描いたゲーム、「.hack」シリーズに触れたのが大学時代のこと。

いつか、こういうゲームを実際に体験してみたいと思っていた未来がすぐそこまで来た。

PC用として開発された、「Oculus Rift」や「HTC Vive」といったVRマシーンは高性能ではあるが、なかなか手が出ずらい値段であったり、接続するPCのスペックもそれなりのものを要求され、ハードルが高い印象だ。

PSVRは性能は若干劣るものの、PS4とセットで揃えても値段は上記の二つの約半額近くで揃えることができる。

PSVR発売の発表以来、ワクワクし続けていた自分は、発売日に必ず手に入れたいと思いながら、予約はできずじまいの状況である。

 

そもそもの失敗は1回目の予約解禁日。先着順での予約販売でお祭り騒ぎだった店舗とは裏腹に、抽選予約を宣言していたビックカメラについては、都内は一部を除いて確保台数と抽選申込者が同一で、落選なし、という店舗も多かったというニュースが流れていたが、当日、都内にいたにも関わらず、あきらめて帰ってしまった自分の情報収集不足が本当に悔やまれるところだった。

 

2回目の予約解禁日。解禁時刻と同時にソニーが公式で発表している密林をはじめとするネットショップサイトに張り付いていたものの、全然サイトに繋がらず、ようやく繋がったと思ったらすべて完売。この時も、後になって情報を調べてみると最寄りのヨドバシカメラで、朝7時半ごろに到着したユーザーも予約券が取れたという事実を知り、あと2時間早く起きて店舗に行っていればと悔しい思いをした。

 

そして、今回である。今度は早朝から車で出発し、始発前にヨドバシの店舗に到着、待機用の折り畳みチェアも準備万端で向かったところ、列の最後尾にいた警備員から既に並んでいる人だけで予約台数が埋まってしまったと告げられた。見たところ、列は僅かに30人強。あまりの台数の少なさに愕然としながら帰路につく。

2時間ほど仮眠をとった後、今度はビックカメラの店舗での抽選申込に行く。発表時刻まで近くのマックで時間をつぶし、発表番号を確認しに行くが、ここでも当選発表枠の台数は僅かに50台。当然のことながら落選し、泣く泣く帰宅することになった。

 

このタイミングで手に入らないとなると、もはや年内での購入も厳しいような気がしてきた。一緒に行った友人は、PS4Proへの買い替えを検討していて、その頃までに買えればいいか、と軽い気持ちだったそうだが、同じく年内の購入は無理だろうと考えているようだ。

 

しかしながら毎度毎度、ヤフオクなどに並ぶ、おびただしい転売記事が憎らしい。全額先払いでの予約のため、金額的なところでメーカー側は圧迫されないが、本当に使いたいと思っているユーザーからすると、悔しい限りである。商品がないものについて、権利だけの販売は違反という規約があるのだが、その数は一向に減らない。

かつてPS4の発売時、十分な台数が出荷され、発売当日でも並ばずに店頭で買える状況で、塩漬けを恐れた転売屋が量販店より安くして、被害を減らすという事態にニヤニヤが止まらなかったのだが、今回は転売屋がほくそ笑む状況になってしまっている。

 

このお祭り騒ぎ、そもそもソニーはどこまで予測していたのだろうか。

SIEのアンドリュー・ハウス氏が台数の不足について憂慮している旨のコメントを出していることから、予想以上の反響があったことは読み取れる。

メーカーの予測を超えた需要に、生産ラインも追いついていないのかもしれない。

 

現状、日本でのPS4の販売台数は300万を突破したとのことだが、PSVRはどうなるだろうか。

ファミ通の調査によれば、PS4の所有者年齢は10代後半~30代までがメインの購入層となっている。数字はほぼ均等になっているものの、その中でやはりゲームハードで遊んでいた30代が一番多い状況だ。

家族の有無にもよるが、収入が安定してくる30代でゲームが好きな人であれば、PSVRについては購入を検討する人も多いのではないだろうか。

2014年段階でのデータだが、PS4購入者の36%、実に4割近くが30代である。例えば、そのうちの半分がPSVRを買うとなると、約18%。300万を突破したのはしばらく後になるが、それでもパーセンテージに動きがなければ、約15万台となる。

また、ここに来て先ほどのPS4の定価値下げで、その台数は加速することになる。

あぁ…書けば書くほど、倍率が高い勝負に挑んでいる敗北感。

一応、最後の砦であるビックカメラのネット通販抽選予約に申し込んだが、あまり期待していない自分がいるのだった。